ボール盤の種類

ボール盤の種類
卓上ボール盤
  小型のボール盤であり、作業台上に据付けて使われる。
  主に穴径13mmまでの切削工具の取付けで加工が可能。

直立ボール盤
  床に直接据え付けられるボール盤で、一般的なものです。
  穴径50mm程度まで。

ラジアルボール盤
  コラム(主柱)を中心に主軸頭の旋回などできる構造のもので、工作物が大きい場合に使われる。

多軸ボール盤
  多数の主軸のあるボール盤で、同時に何箇所もの穴あけ加工が可能。
  多量生産などに適した専用のボール盤

多頭ボール盤

深穴ボール盤
  深い穴をあける専用のボール盤

ガーダボール盤
  大型の工作物の加工に適したボール盤です。

タレットボール盤

数値制御(NC)ボール盤

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。