CAD(キャド)とは

CADキャド、Computer Aided Design.(コンピュータ エイテッド デザイン))は、コンピュータ援用設計とも呼ばれ、コンピュータにCAD用ソフトをインソールする事で設計をすることが出来る。
あるいはコンピュータによる設計支援ツールのこと(CADシステム)。

機械系CADは当初には主に機械製図設計の作業を支援するために使用されました。
製図用紙に図面を描く代わりにタブレットのような入力装置とディスプレイモニターを使い、対話式に図面設計の情報をコンピュータに入力する事によって、CADは以下のような設計の効率化向上とより正確な設計が出来ました。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。