CAD(キャド)の利点・欠点

CADの利点
・繰り返し図形をコピーで作れので効率的にいつでも設計作図可能。
 また、CADは類似図面の設計作図が容易
CADはコンピュータが持つデータから寸法を記入するため、単純な寸法ミスを削減
・設計途中での寸法や面積の測定により、手計算の手間を省ける
・設計したデータはプロッターに出力するので、細部まで正確な描画が可能

CADはコンピュータ上のデータを下流の生産工程で有効活用するためにCAM、CATなど、逆に上流で強度や振動などを解析するためにCAEなどの技術が開発提供され、これらを EDPS/MISといった情報処理システムと統合して CIMS(Computer-integrated manufacturing system)という概念に発展した。

一方、電気系ではプリント基板のパターンを効率良く設計するためのシステムが、半導体産業では集積回路のフォトマスクを設計するためのシステムが開発された。また、電気回路の動作シミュレーションのためのシステムなどを加えて電気系CADの分野が生まれ、後に EDAという言葉が使われるようになった。

CADは一般的に毎年バージョンアップが存在し、その度に高額なライセンス料が発生するため、CADの維持も大変である。
また、官公庁や元請けに決められたCADがあり、下請けはそれに合わしたCADを導入しなくてはいけなかったりする。
CADは言語の規格が統一されていない点も問題だ。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/27030105

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。