CAM(キャム)とは

CAM(キャム)とは、
コンピュータ支援製造(Computer Aided Manufacturing)の略語。
製品の製造を行うために、CADで作成された形状データを入力データとして、加工用のNCプログラム作成などの生産準備全般をコンピュータ上で行う為のシステムであり、出力されたデータは、CNC化された工作機械に送られて実際の加工が行われます。

CAD/CAMの設計分野がCADであり、CAMは製造分野の事をさすが、
製造分野に最適化されているCAD/CAMシステムや、
テキストベースの自動プログラミング装置など、
NCプログラムを出力するシステムの事をCAMと呼ぶ事もあります。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。