CAM(キャム)の作業方法

切削系のCAM作業

CADから形状データをCAMに入力します。
その場合形状を作成したCADメーカーが違う時にはCADデータの変換が必要となります。
CAD形状確認をして間違いなどをチェックします。
NC加工上問題になる箇所を確認する。
一部自動で出来るCAMもある。
CAMの種類により加工法に制限があるので、CAMごとに異なる加工法になる場合が多い。
CAMに加工条件設定を入力する。
CAMが加工条件のデータベースを持っている場合もあるが、千差万別の加工に対応しているわけではないので、ほとんどがCAD/CAMオペレーターのノウハウによる。
切削工具の移動経路の作成
カッターパス又はCL(カッターロケーション)と呼ばれるCAM独自のフォーマット
移動経路をシミュレーションなどの機能で確認する。
経路の線画による物と、加工結果をオブジェクト・ソリッドとしてCADのように見る物がある。
NC工作機械用の加工NCデータ生成
POST処理とも呼ばれる。NC機械ごとに合わせたデータを出力する。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。