旋盤の種類

旋盤の種類

普通旋盤 (Engine lathe)
  もっとも標準的な旋盤。
卓上旋盤 (Bench lathe)
  小型の旋盤であり、作業台などの上に据え付けて使用される。
  「ベンチレース」とも呼ばれる。
正面旋盤 (Face lathe)
  比較的大型の主軸が作業者の正面を向いた旋盤。
立旋盤
  主軸が上を向いた旋盤。
タレット旋盤 (Turret lathe)
  タレット式の刃物台を持った旋盤。
倣い旋盤
  倣い装置によって形状の複製を可能にした旋盤。

NC旋盤
NC旋盤は、各種の旋盤に数値制御 (Numerical Control) 装置を取り付け、刃物台の移動距離や送り速度を数値で指示できるようにしたものである。現在ではCAD/CAMコンピュータを用いての制御(CNC)が主流である。
この中には、回転中心から外れた穴の加工やフライス加工などを可能にした「ターニングセンタ」と呼ばれる工作機械もある。

この記事へのトラックバック

電力ってやつは。。
Excerpt:  電力会社から買える電力には大きく分けて2種類あることをご存知でしょうか。単相と三相がその2つ。  普通にコンセントで使ってるのが単相100Vで、今時のIHなんかで使われてるのが単相200V。今時の..
Weblog: Homebrew Rocket Workshop
Tracked: 2006-11-09 09:52
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。