CAD(キャド)の種類

CADの種類
各分野用に各種のCADが用意されています。
・機械用CAD(メカCAD)
・建築用CAD
・建築設備用CAD
・土木用CAD
・電気用CAD
・回路用CAD
・基板用CAD
・半導体回路分野
・半導体デバイス分野
  半導体デバイス分野ではTCADと呼ばれているが、TCADはCADではなく、
  他の分野のCAEと呼ばれている範囲を示している。
・その他、熱解析用、電磁波解析用等の専用のCADがある。
・服飾デザイン、配管、橋梁などの分野にも専用のCADがある

日本国内で代表的な無料CADソフト
・DJ!! Standard
HO_CAD
Jw_cad
・SagCAD
・QCad
・AlibreDesign Xpress

日本国内の代表的な市販CADソフト
・Autodesk
   AutoCAD オートキャド
   AutoCAD LT オートキャド
・Dassault Systems
   CATIA  キャティア
・PTC
   Pro/ENGINEER  プロイー
・SolidWorks
   SolidWorks  ソリッドワークス
・日本ユニシス
   CADCEUS  キャドシアス

CAD(キャド)の利点・欠点

CADの利点
・繰り返し図形をコピーで作れので効率的にいつでも設計作図可能。
 また、CADは類似図面の設計作図が容易
CADはコンピュータが持つデータから寸法を記入するため、単純な寸法ミスを削減
・設計途中での寸法や面積の測定により、手計算の手間を省ける
・設計したデータはプロッターに出力するので、細部まで正確な描画が可能

CADはコンピュータ上のデータを下流の生産工程で有効活用するためにCAM、CATなど、逆に上流で強度や振動などを解析するためにCAEなどの技術が開発提供され、これらを EDPS/MISといった情報処理システムと統合して CIMS(Computer-integrated manufacturing system)という概念に発展した。

一方、電気系ではプリント基板のパターンを効率良く設計するためのシステムが、半導体産業では集積回路のフォトマスクを設計するためのシステムが開発された。また、電気回路の動作シミュレーションのためのシステムなどを加えて電気系CADの分野が生まれ、後に EDAという言葉が使われるようになった。

CADは一般的に毎年バージョンアップが存在し、その度に高額なライセンス料が発生するため、CADの維持も大変である。
また、官公庁や元請けに決められたCADがあり、下請けはそれに合わしたCADを導入しなくてはいけなかったりする。
CADは言語の規格が統一されていない点も問題だ。

CAD(キャド)とは

CADキャド、Computer Aided Design.(コンピュータ エイテッド デザイン))は、コンピュータ援用設計とも呼ばれ、コンピュータにCAD用ソフトをインソールする事で設計をすることが出来る。
あるいはコンピュータによる設計支援ツールのこと(CADシステム)。

機械系CADは当初には主に機械製図設計の作業を支援するために使用されました。
製図用紙に図面を描く代わりにタブレットのような入力装置とディスプレイモニターを使い、対話式に図面設計の情報をコンピュータに入力する事によって、CADは以下のような設計の効率化向上とより正確な設計が出来ました。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。