CAM(キャム)の作業方法

切削系のCAM作業

CADから形状データをCAMに入力します。
その場合形状を作成したCADメーカーが違う時にはCADデータの変換が必要となります。
CAD形状確認をして間違いなどをチェックします。
NC加工上問題になる箇所を確認する。
一部自動で出来るCAMもある。
CAMの種類により加工法に制限があるので、CAMごとに異なる加工法になる場合が多い。
CAMに加工条件設定を入力する。
CAMが加工条件のデータベースを持っている場合もあるが、千差万別の加工に対応しているわけではないので、ほとんどがCAD/CAMオペレーターのノウハウによる。
切削工具の移動経路の作成
カッターパス又はCL(カッターロケーション)と呼ばれるCAM独自のフォーマット
移動経路をシミュレーションなどの機能で確認する。
経路の線画による物と、加工結果をオブジェクト・ソリッドとしてCADのように見る物がある。
NC工作機械用の加工NCデータ生成
POST処理とも呼ばれる。NC機械ごとに合わせたデータを出力する。

CAM(キャム)の加工形状

CAM加工形状による分類

2D CAM
XYの平面的な輪郭加工や穴あけ加工のための2軸同時移動データを出力する。
NC加工機側で工具径補正が可能な為、プログラムの汎用性に優れ、
輪郭線の直線と円弧はそのままデータとして使用するので、精度が高く安全な加工が可能です。
機械部品加工など金型分野・工作機械で使われてます。
形状データはCADからの2次元図面データを元に出力します。
NC制御器に内蔵されている対話型タイプの工作機械など・・

2.5D CAM
2Dに加えて、平面輪郭に断面を付加した加工及び、側面XZ/YZから見た輪郭形状加工のための2軸同時移動データを出力します。
自由曲面以外のいろいろな形状が加工可能(身近な例: キーボードのキートップ)です。
2D同様に精度が高い加工が可能である反面、CAD/CAMオペレーターのスキルが要求されます。

3D CAM
自由曲面を含む加工のための2軸同時から3軸同時移動データを出力する。
CADで作られた形状の全てをNCデータとして出力する為、デザイン性の高い製品に多用される(身近な例: マウスなど複雑形状)
工具設定をCAM側で指定、プログラムは定義した工具専用となり汎用性は低く、また、形状を直線近似で加工する為、精度が低下する場合が多い。
形状データはCADからの3次元データを使用する。
その際に、メーカーが違うCADだとデータで誤差がある場合があります。
2DCAMと2.5DCAMの機能を含んでいるCAMもあるが、3DCAM専用の物もあります。
CAD/CAMオペレーターのスキルがもっとも必要です。

CAM(キャム)とは

CAM(キャム)とは、
コンピュータ支援製造(Computer Aided Manufacturing)の略語。
製品の製造を行うために、CADで作成された形状データを入力データとして、加工用のNCプログラム作成などの生産準備全般をコンピュータ上で行う為のシステムであり、出力されたデータは、CNC化された工作機械に送られて実際の加工が行われます。

CAD/CAMの設計分野がCADであり、CAMは製造分野の事をさすが、
製造分野に最適化されているCAD/CAMシステムや、
テキストベースの自動プログラミング装置など、
NCプログラムを出力するシステムの事をCAMと呼ぶ事もあります。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。