NC/旋盤カテゴリの記事一覧

旋盤の種類

旋盤の種類

普通旋盤 (Engine lathe)
  もっとも標準的な旋盤。
卓上旋盤 (Bench lathe)
  小型の旋盤であり、作業台などの上に据え付けて使用される。
  「ベンチレース」とも呼ばれる。
正面旋盤 (Face lathe)
  比較的大型の主軸が作業者の正面を向いた旋盤。
立旋盤
  主軸が上を向いた旋盤。
タレット旋盤 (Turret lathe)
  タレット式の刃物台を持った旋盤。
倣い旋盤
  倣い装置によって形状の複製を可能にした旋盤。

NC旋盤
NC旋盤は、各種の旋盤に数値制御 (Numerical Control) 装置を取り付け、刃物台の移動距離や送り速度を数値で指示できるようにしたものである。現在ではCAD/CAMコンピュータを用いての制御(CNC)が主流である。
この中には、回転中心から外れた穴の加工やフライス加工などを可能にした「ターニングセンタ」と呼ばれる工作機械もある。

旋盤とは

旋盤 (せんばん) は、工作機械の一つであり、被切削物をろくろを用いて回転させ、バイトと呼ばれる工具で切削する。
主に「外丸削り」、「中ぐり」、「穴あけ」、「ねじ切り」、「突切り」と呼ばれる各加工を行う工作機械です。

構造
・面板(上図f部) - 被切削物を固定する。「チャック」(chuck) と呼ばれる万力を取り付けることも多く、
  また、「センタ」(center) と呼ばれる道具を取り付け対象の両側の回転中心を支えることもある。
・心押し台(Tail Stock、上図g部) - センタを取り付け被切削物の回転中心を主軸方向へ押して支える。
  また、センタの替わりにドリルを取り付けることも可能である。
・刃物台(上図b部) - バイトを取り付ける部分である。
  横送り台の上に据え付けられている。
・往復台 -刃物台を乗せている。
  往復台自体はベットのをまたがった状態で備え付けれあり縦方向に動かせる。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。